食事と運動に関する確かな情報マガジン

ダイエット

フィットネス通いでダイエットを成功させるための3つのアドバイス

荒金 正和
学生時代に4年間スポーツショップゼビオにてシューズの販売を手掛ける。 大学卒業後はWeb広告会社を経て、スポーツに携わりたいという想いから、フィットネスとデジタルによるサービスBookFitを企画開発中 ブログはこちら__ Twitterはこちら

投稿日:2017年1月19日 更新日:

フィットネスジムに通ってやみくもに身体を動かしてるだけでは結果になかなか結びつかないだけではなく、ケガにもつながります。

効果的なトレーニング方法を知ってステキなフィットネスライフを送りましょう!

有酸素運動で脂肪を燃焼

ダイエットを成功させるためには脂肪を効率的に燃焼させることが必須です。
脂肪を燃焼させるためには、血液に溶け込んだ糖質(血糖)を消費させる運動をする必要があります。
それが、会話ができる程度の負荷で行うジョギングであったり、ほどよくカラダを動かすヨガ、水泳などの有酸素運動ということになります。
フィットネスジムにはランニングマシンやヨガスタジオ、プール利用して運動を行うと血糖値が下がり、初めて身体が脂肪を燃焼させる働きを始めることになります。
一日あたり、およそ30分ぐらいが目安になります。

運動の順番に気をつける

まず、フィットネスジムでトレーニングをする場合は、最初に怪我などを予防するために、ストレッチをしておく必要があります。
反動をつけた「動的ストレッチ」という方法が運動前には向いています。
ダイエットが目的でフィットネスジムに通う場合は最初に有酸素運動を行います。
脂肪を燃焼させるという一番の目標を効率的に達成させるために疲労感がないうちに済ませてしまう必要があります。
フィットネスジムでダイエットを行うには筋トレも必要なのですが、順番としては有酸素運動の後に行います。
最後に反動をつけない「静的ストレッチ」を行います。

筋トレは負荷をかけていくこと

ダイエットには筋トレも必要になります。
なぜかというと、筋力が鍛えられることによって基礎代謝が上がるためです。
基礎代謝とは運動をしていない状態でも消費しているエネルギーのことになります。
筋肉は運動をしていない状態でもエネルギーを消費してくれるので、やせやすい体質になっていくのです。
筋肉を増やすためには筋肉に負荷をかけて筋繊維を壊して修復させる必要があります。
筋繊維が壊れるためには、筋トレを「10回行うのがやっと」という負荷でを行うのが効果的です。
そして修復させることが重要なので毎日ではなく一日おきぐらいに行うのが効果的です。

まとめ

効率的なダイエットのためには、フィットネスジムに行ったら、動的ストレッチで身体をほぐして、有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレで基礎代謝を上げ、最後に静的ストレッチで疲労を回復させるという流れで行うのが適している方法です。

以上を参考に、ダイエットを成功させていきましょう!

-ダイエット
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

糖質の代表

糖質制限で失敗しないための条件3つ

ダイエットの中でも、特に注目度が高い「糖質制限ダイエット」。 糖質を制限をする事で急激な血糖値の上昇を防ぎ、体に脂肪が蓄積しにくいカラダを作る事ができます。 ただし、やり方を間違えると効果が出にくく、 …

アイキャッチ

糖質制限ダイエットの覚えておきたい基本3つ

糖質制限ダイエットは血糖値を上げるものが多く含まれている炭水化物を中心に、糖質が含まれている食材を制限するダイエットです。糖質を脂肪に変えるインスリンの分泌を抑え、脂肪の蓄積を防いでくれます。さらに体 …

超効果的!「ライザップ」のトレーニング方法とは?

テレビ等でも良くみかけるライザップですが、実際にはどのようなパーソナルトレーニングを行っているのでしょうか? ライザップは、「個人ごとに合わせたプログラムを組む」という方法を採用しています。 全員が同 …

体重減少

ダイエットの停滞期から抜け出す4つのコツ

『ダイエット中の停滞期のナゾ3つ 』でご紹介しましたが、ダイエットに挑戦しはじめ、最初は順調に体重が落ちていくものの、ダイエットの途中で悩まされるのが停滞期です。体重の減少が見られなくなり、成果を確認 …

ダイエット停滞期-アイキャッチ

ダイエット中の停滞期のナゾ3つ

ダイエットを始めたばかりの頃は順調に体重が減っていきますが、ある日突然停滞期がやってきて体重が変動しなくなります。何の前触れもなくやってくる停滞期ですが、この時期をどう乗り越えるかでダイエットが無事に …