食事と運動に関する確かな情報マガジン

Sports ランニング

フィットネスクラブでの効果的なランニングの仕方

荒金 正和
学生時代に4年間スポーツショップゼビオにてシューズの販売を手掛ける。 大学卒業後はWeb広告会社を経て、スポーツに携わりたいという想いから、フィットネスとデジタルによるサービスBookFitを企画開発中 ブログはこちら__ Twitterはこちら

投稿日:

ダイエットにはランニングが適しているといわれます。
だからと言って、フィットネスクラブのランニングマシーンでただひたすら走り続けてもそう簡単にはやせません。
それどころか、間違った方法で走ることで、足に故障を引き起こすことも多いのです。
効果的な運動をするために、正しいランニング方法をマスターしましょう。

ランニングの時間

まず、フィットネスクラブでのランニングは、無酸素運動である筋トレの後に行うのが効果的です。
筋トレは無酸素運動なので、運動後には身体が酸素をたくさん吸収しようとします。
その状態で有酸素運動を行うと効率よく酸素を吸収し、脂肪燃焼しやすくなります。
走る時間は、初めのうちは20分くらいから次第に増やしていきましょう。  
早くやせたいからと言って、慣れてない状態で走りすぎるとかなりの確率で足に故障が起こりますので十分注意が必要です。

走る速度

次に、走る速度はどのくらいが適切なのでしょうか?
フィットネスのランニングマシーンでは自由に速度設定ができますので、周りに合わせてついついスピードを上げてしまいがちですが、これも最初のうちには十分な注意をしていないと怪我のもととなります。
基本的には、時速3キロくらいから初めて少しずつ上げていくという感じです。
最終的に理想的な速度とは、個人差もありますが、心拍数を目安に計算する方法があり、恐らく、ほとんどの方が時速8キロから10キロというところが効果的なところになると考えられます。
初めの段階では無理しないことが重要です。

走る頻度

そして、フィットネスで走る頻度はどのくらいがよいのでしょうか?
効果的に鍛えるには週3日くらいがちょうどいいです。
週1~2回では、全く効果がないとは言いませんが効果は薄くなってしまいます。
また、毎日というのもやり過ぎとなります。
筋肉も休ませて回復するために時間をとることも効果的な方法となるのです。
フィットネスは継続することに意味がありますので、あくまで無理せずに習慣づけることを心掛けたいものです。

まとめ

基本は、無理せずに長く続けるということですが、慣れと共に正しいランニング方法を身につけることでより効果的に鍛えることができます。
また、見逃されがちですが、きちんとしたランニングシューズを履くようにしましょう。
足や膝を痛めると、ランニングすることができなくなりますし、後々厄介なことになってしまいます。

-Sports, ランニング

執筆者:

関連記事

プロのランニングアドバイザーの僕が走り始める前に知っておきたかった7つの事

「大輔、ジュースを買ってやるから一緒に走るぞ」 僕が始めて走った(走らされた⁉︎)時の誘いの言葉で、親父のダイエットに巻き込まれて人参をぶら下げられて走り出したのが、走り始めたのがきっかけでした。 も …

ランニング 準備体操

長続きするランニング前後のボディーケア

現在、若い方やご年配の方まで健康維持やダイエットなど様々な目的でランニングを行う方が増えております。 ランニングについて必要な知識を持って正しいケアを行うことで無理なく継続して行うことが可能になります …

トレーニングジム選びで気をつけること3つ

「いざダイエット!」と考えた時に有効な方法として思い浮かぶのがフィットネスクラブの利用ですが、実際には何をどう基準にして選んだら良いのでしょうか?入会金や会費を払っていくことを考えたら、じっくり選んで …

脱リバウンドのためのパーソナルトレーニング活用法

リバウンドを経験したことはありますか? 実はリバウンド経験者は、ダイエット挑戦者の約70%にも昇るのです。 (出典:『リバウンド経験率は70%以上!体質改善ダイエットの方法とは?』) 意外とたくさんの …

パーソナルトレーニングのジム選びポイント3点

同じパーソナルトレーニングをするにしても、ジムによってしやすさというのは異なります。ジムの場所やジムの雰囲気なども考える必要がありますし、トレーナーとの相性というのも大切になります。自分に合ったところ …