食事と運動に関する確かな情報マガジン

Food 生活習慣

健康的な朝食のために忘れているかもしれない3つのポイント

朝食
池田 昇平
サッカーとバレーボールを愛する管理栄養士です! 病院で病態栄養士として勤務しながら特定保健指導にも携わりました。 現在は多くの人が健康を考えるキッカケになれるよう活動しています。 会社HPはこちらFacebookはこちらTwitterはこちら

投稿日:2016年12月17日 更新日:

食事は1日に3回を基本としていますので、やせると決めても朝から食事は食べたいという方はおおいのではないでしょうか?
ダイエットに良い朝食を取るにはどうしたら良いのでしょうか?

簡単に言うと、朝から食べ過ぎずにバランスの良い食事を心がければよいわけです。
人間の体は食べたものでできていて、美しく痩せるためには必要な栄養を十分に摂取する必要があるからです。

バランスのよい食事を取る上で心がけるべきことをご紹介します。

エネルギーの源:主食

玄米ごはん

主食の代表格である白米やパンなどを、適量とすることで効果が期待できます。
目安となる量は「握りこぶし1つ分」と考えていただければわかりやすいか、と思います。
できれば、栄養価の高い玄米を食べましょう。
玄米には次の2つのメリットがあります。

  • 食物繊維が豊富で、お通じに良い
  • よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて満足感を得やすい

主食の量が「握りこぶし1つ分」では足りない方は玄米に変えてみたり、ひじきご飯・豆ご飯にするなど工夫してみましょう。

バランスを整えてくれる:野菜

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

健康なカラダを目指すなら、朝は野菜をたっぷりと食べましょう。
野菜はカロリーが低いですがビタミンにミネラル、食物繊維などの豊富な栄養をバランスよく含むので、食事には不可欠な食材です。
便通が良くなったり、代謝が向上してカラダのめぐりが改善されたりするのでダイエットにもってこいです。
代謝が促進されると肌のターンオーバーも促進されるので、お肌もツヤツヤになって一石二鳥です。

完全栄養食品:タマゴ

タマゴ

ダイエットには人間の体を支える基本である、タンパク質の摂取も必要となります。
タマゴ
は食物繊維とビタミンC以外の栄養素をほぼ網羅的に含んでいて「完全栄養食品」と言われています。

タマゴだとコレステロールが多く食べられないと思われがちですが、そんなことはありません。
2015年4月に厚生労働省がコレステロールの摂取目標量を撤廃しました(「日本人の食事摂取基準(2015年版)」参照)。
「目標量を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」ということです。

しかし、既にコレステロール値が高い方は引き続き注意が必要となりますので、かかりつけの医師、管理栄養士と相談のもと卵の導入を検討されてください。

まとめ

3回のバランスの良い食事を取ることは体のホルモンバランスを良くして、代謝を促進します。
ですから、朝ごはんを抜かずに食べることは重要なのです。

ダイエット成功の秘訣は食べたものや運動量にありますし、食事の内容と量を考えて食べることが重要となります。
極端な「ご飯のみ」や「食事を抜く」というダイエットはオススメできません。

朝は体が喜ぶローカロリーの栄養(玄米や野菜)を中心によく噛んで食べると良いですね。
朝ごはんを食べるメリットはサイト内の『朝食を食べるべき5つの理由』でも紹介しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

-Food, 生活習慣
-,

執筆者:

関連記事

豆乳

データで裏付け!簡単な豆乳ダイエット法6選

ダイエットって難しいと感じている人は多いようです。しかし、豆乳の効果や手軽さを知ればダイエットの方法は限られてくること間違いなしです。あなたはまだいろんなダイエット法を試しますか?

無意識に食べてる!?実は相性がイイ食べ物3選

食品には様々な栄養素が含まれていて、その栄養素の働きで体に良い効果が得られます。単体の食品でも効果の高いものはありますが、食べ合わせによって思いもよらない効果が得られるケースもありますので、より多くの …

発酵食品_味噌汁

簡単!発酵食品を食べてダイエットできる3つの理由

意外と身近にある発酵食品にはダイエットや健康への効果が認められています。その効果だけでなく気軽に取り組める発酵調味料まで紹介していますので、ぜひ試してみてください。

ファスティングの効果、本質、酵素ドリンクの必要性、選び方

ファスティングはダイエット法であると思われることが多いのですが、これは間違いであり、ファスティングは理論に基づいた健康法というのが正しい位置付けです。 ファスティングは前後の食事などが非常に重要であり …

悩む専門家

知らなかった!よくやるけれど実は悪い食べ合わせ3選

献立の中でよく見かけるけれど、実は栄養の吸収を阻害してしまう、食べ合わせの悪い食品があります。効率的に栄養を摂取するために、どのような食べ合わせがよくないのか理解し、しっかりと栄養を補給できるように心 …