食事と運動に関する確かな情報マガジン

Sports ランニング

フィットネスクラブでの効果的なランニングの仕方

荒金 正和

学生時代に4年間スポーツショップゼビオにてシューズの販売を手掛ける。
大学卒業後はWeb広告会社を経て、スポーツに携わりたいという想いから、フィットネスとデジタルによるサービスBookFitを企画開発中
ブログはこちら__
Twitterはこちら

投稿日:2017年1月19日 更新日:

ダイエットにはランニングが適しているといわれます。
だからと言って、フィットネスクラブのランニングマシーンでただひたすら走り続けてもそう簡単にはやせません。
それどころか、間違った方法で走ることで、足に故障を引き起こすことも多いのです。
効果的な運動をするために、正しいランニング方法をマスターしましょう。

ランニングの時間

まず、フィットネスクラブでのランニングは、無酸素運動である筋トレの後に行うのが効果的です。
筋トレは無酸素運動なので、運動後には身体が酸素をたくさん吸収しようとします。
その状態で有酸素運動を行うと効率よく酸素を吸収し、脂肪燃焼しやすくなります。
走る時間は、初めのうちは20分くらいから次第に増やしていきましょう。  
早くやせたいからと言って、慣れてない状態で走りすぎるとかなりの確率で足に故障が起こりますので十分注意が必要です。

走る速度

次に、走る速度はどのくらいが適切なのでしょうか?
フィットネスのランニングマシーンでは自由に速度設定ができますので、周りに合わせてついついスピードを上げてしまいがちですが、これも最初のうちには十分な注意をしていないと怪我のもととなります。
基本的には、時速3キロくらいから初めて少しずつ上げていくという感じです。
最終的に理想的な速度とは、個人差もありますが、心拍数を目安に計算する方法があり、恐らく、ほとんどの方が時速8キロから10キロというところが効果的なところになると考えられます。
初めの段階では無理しないことが重要です。

走る頻度

そして、フィットネスで走る頻度はどのくらいがよいのでしょうか?
効果的に鍛えるには週3日くらいがちょうどいいです。
週1~2回では、全く効果がないとは言いませんが効果は薄くなってしまいます。
また、毎日というのもやり過ぎとなります。
筋肉も休ませて回復するために時間をとることも効果的な方法となるのです。
フィットネスは継続することに意味がありますので、あくまで無理せずに習慣づけることを心掛けたいものです。

まとめ

基本は、無理せずに長く続けるということですが、慣れと共に正しいランニング方法を身につけることでより効果的に鍛えることができます。
また、見逃されがちですが、きちんとしたランニングシューズを履くようにしましょう。
足や膝を痛めると、ランニングすることができなくなりますし、後々厄介なことになってしまいます。

-Sports, ランニング

執筆者:

関連記事

ジム初心者の方へ!パーソナルトレーナー選びのポイント3点

パーソナルトレーニングをするのに、大切なことは何でしょうか? パーソナルトレーニングをするために、パーソナルトレーナーの選び方に失敗しないことはとても大切です。 せっかく高い費用を支払って、トレーニン …

no image

ランニングとUVケア ~日焼け止め選びの最良な方法~

「美ジョガー(死後)」という言葉をご存知でしょうか。僕がランニングアドバイザーとして活動し始めた時に、この言葉が流行し、慌てて勉強したものです。 「美ジョガー(死後)」とはランニングをしながらUVケア …

フィットネスジムに通っても痩せない理由3つ

健康的なダイエットには運動が一番ということでフィットネスに入会したものの、なかなか思ったほどの効果が出ずに痩せない、と悩んでいる人もいるのではないでしょうか? しかしながら、そう簡単に痩せられればダイ …

no image

横浜の効果の出る加圧トレーニングスタジオまとめ

  加圧トレーニングスタジオにはどのようなものがあるか、知っていますか? 「痩せたい!」、「健康ボディになりたい!」という願いを叶えるには自分にあったスタジオ選びがとても重要です。 加圧トレ …

no image

話題の気になる加圧トレーニングの原理とは?

Contents1 加圧トレーニングとは?2 加圧トレーニングの効果2.1 血流制限・血行促進2.2 成長ホルモンの分泌促進2.3 ダイエット効果3 加圧トレーニングのダイエット効果をあげるには?3. …