食事と運動に関する確かな情報マガジン

Other

サプリメント選びの3つのポイント

サプリメント
池田 昇平
サッカーとバレーボールを愛する管理栄養士です! 病院で病態栄養士として勤務しながら特定保健指導にも携わりました。 現在は多くの人が健康を考えるキッカケになれるよう活動しています。 会社HPはこちらFacebookはこちらTwitterはこちら

投稿日:

あなたはサプリメントを選ぶときにどんなことを気にしていますか?

「単に世の中で人気が高い」とか「ドラッグストアで商品が目立つ場所にある」という、安易な理由での選び方ではもったいないです。
それでは、どのように選べば良いのでしょうか?

添加物をチェック

サプリメントのボトル

意外と忘れがちですが、まずは、あらかじめ「過剰な添加物は含まれてはいないか?」をチェックしましょう。
添加物をまったく用いずに、サプリを作成することはできません。
添加物なしでは形状を固めて整えることができないですし、長く保存ができなくなります。
ですから最低限しか添加物を含まず、かつ、有害性が疑われる成分は含まれていないことを最初に確認しましょう。
選ぶのであれば自然由来(特に植物由来)のものを選べば、食品に近いものを利用できます。
食品にも使われているとなれば、安全性が高いですね。

成分の種類で効果が変わる

サプリメントの成分

次に、成分に注目しましょう。
というのも、当然ながら成分の種類で効果が変わるからです。
そもそも健康食品をお金を出して買うのは、それ相応の目的があるからです。
サプリは種類が多くありますが、どれも効果が同じというわけではありません。
その鍵を握っているのが配合されている成分です。

ダイエット目的であれば、脂肪燃焼促進やカロリーカットのための成分が含まれています。
美容目的であれば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が含まれているタイプが有効です。
自分の目的を考えて、マッチした成分を含むサプリを選ぶことです。

価格を比較する

価格

価格を比較することも、サプリの選び方では外すことができません。
値段はメーカーや商品によっても異なりますが、あまりにも安い商品は購入の選択肢から外してもいいかと思います。
高級品が必ず効果が高いとは言い切れないものの、あまりにも安いサプリは、効果のある配合成分が少なかったり、人工素材由来の成分が多く含まれていたりする可能性があるので、信頼度が低くなります。

まとめ

サプリ選びは、基本的なことを押さえれば、それほど難しいことではありません。
健康志向と美容意識の高い現代には、多くの健康食品があふれています。
できるだけ食品添加物は少なく、その上で自分の理想を叶えてくれる配合成分を含んだサプリを選びましょう。
サプリに即効性はありませんが、継続して飲んでいくことで効果が期待できます。

-Other
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ダイエットのモチベーション

ダイエットのモチベーションを維持する5つのアプローチ

みなさんはダイエットのモチベーションを自分で保てますか? 「継続は力なり」と名言があるように、始めたことを継続すると結果がどんどん蓄積されますよね? しかし、この”継続”が難し …

肩こり1

ツラい肩こりにさようなら!簡単5分肩こりストレッチ

パソコンやスマートフォンを使う機会がいつの間にか増え、知らず知らずのうちに肩こりを感じている方も多いのではないでしょうか? 肩こりは肩の問題だけではなく体の他の部分にも影響を及ぼしてしまいます。 今回 …